コペンのシートベルトガイドには、「戻りが悪い」「肩に食い込む」などの問題がある。これを解消する目的で市販品も発売されているが、高価でまた問題の解決にも至っていない。
Myコペンもベルトガイドの位置を上にずらして装着感の改善を行っていたが、ねじ一本で止まっているせいもあって安定性が悪い。そこでこれを改善するためにベルトガイドをちゃんと固定することにした。
みんカラなどでは金属の穴あきステーを使っている例が多いが、今回は樹脂で製作することにした。最終的には強度が得られる材質を選択する必要があるが、まずはアクリルで製作して効果を見てみることにした。

完成したガイドが下の写真。 
DSC_0524
位置的にも上々で、戻りもほんの若干ではあるが改善された。

製作過程の記録
①アクリルを切り出し、切り口をフライスで均す。
P7160001

②穴あけ
P7160004

③純正ガイドの曲面にあうようにヒートガンで加工
P7160002

④一番上の穴にM6のタップを切って、純正ガイドを装着
P7160005

以上で完成。これをシートに取り付けた。試作品としてはまずまず。透明なので下地がスケスケだが、本番は黒の樹脂を作るので問題ない。試作してわかったことは、
・ 穴の位置精度がそこそこ必要。穴の位置もデザインを考えて再考。
・ 曲げが甘いと穴付近から割れが起こる <ー アクリルだから
・ 曲げはガイド取り付け位置と、シート側の2箇所必要
・ etc.

時間を見つけて本番品を作りたいが、材質はどうしようか。POMかABSといったところか。