高岡の伏木港に海上自衛隊の護衛艦3隻が来るというので早速行ってきた。今回は、イージス艦と空母も来るということなので、10時ごろにいったのに結構人だらけ。年配者が多く、そこにマニアの方が混じるといった感じ。

kongou1
手前の小さい船がせとぎり、奥がイージス艦のみょうこう。一回りほど大きさが違う。

ise1
その後ろには、護衛艦(といっても、軽空母クラス)のいせが悠々しく鎮座。いせは23日だけの公開。

まずは、目的のいせの見学へ。
中は貨物スペースとなっており、前後にエレベーターが付いている。見学者はこれにのって甲板へ。
ise2

ise3
船尾から。結構広い。200m弱あるそうだ。戦闘機を載せるにはちょっと手狭な感じ。ヘリくらいがちょうどいい。

ise4
前方にはCIWS。武装装備はわりと簡略されているようだ。

次は、せとぎり。
setogiri1
アスロックだったかな。フルオープンで右には模擬弾が装填。

次は、となりのみょうこうへ。

konngou3
VLS。アスロックなどを発射。

konngou4
パプーン。実弾が装填されているようだった。

konngou5
SPY-1Dレーダーと127mm単装速射砲。CIWSも見える。

途中後部のCIWSのデモがあった。発射の際は、昔の海軍の発音で「撃ぃかたはじめ」という発声を行う。

ise5
みょうこう船尾から見えるいせ。

最新鋭のイージス艦と空母が北陸にくるのは珍しいのでは。つぎはいずもにきてほしいな。