プリとパワーがセパレートなので、電源のON/OFFの順番を間違えると、スピーカーからものすごい音がしてしまうのが悩み。もう壊れてしまうのではないかというほどの音が出る。ずっと懸案だったのだが、リレーを手に入れたので早速出力に取り付けることにした。
幸いプリのセレクタ基板から12VのMUTE電源が出ているので、それを利用し取り付けてみた。
プリリレー
相変わらず汚い配線だが、ONの時は二秒ほどのタイムラグで回路が接続、OFFの時はすぐにOUTが閉じるので、プリ電源を操作してもほんの少しポツッという音だけに改善された。 なかなか良い具合になった。

ついでにDACのデジタル電源に数ヶ月前に購入したフィルター基板を増設してみた。
DSD_power1
ここもごちゃごちゃの配線。取り付けたフィルターは、ファインメットコアと安井式フィルターを組み合わせたようなものだ(頒布してくれたProstさんに感謝)。肝心の音質だが、すっきりした感じになった?かな。もともと、電源タップラインに ファインメットのコモンモードフィルターを挿入しているので、そんなに劇的な変化はなさそう?。アナログラインには入れていないので、アナログラインにも入れないとダメなのかな。次回頒布の際に購入したい。
DSD_Power2
まだ、取り付け直後の感想なので、少しエージングをして様子を見よう。
ちょうど今日はNHK−FMで 年越しラジオマンジャックもあることだし・・・。