幼い頃からの夢は、自宅で大画面の映画をみることだった。それは大人になってから実現を果たし、今は3代目のプロジェクターとなり映画を楽しんでいる。今使っている三菱のDLPプロジェクターは明るく高画質で本当に映画館にいるのではと錯覚させるくらいの画質だ。しかし、プロジェクターは部屋を暗くしないと楽しめないという欠点がある。となると、映画をみる時間がどんどんなくなっていく結果となった。ブルーレイは山のように溜まっているが、見ていないものものも結構増えてきた。

ここで決断をした。液晶テレビに変えよう。ちょうど2Kから4Kへの過渡期とあって、高画質の2Kテレビが安くなっている。どうせ4Kソースを手に入れられないのだからと2Kの55インチテレビを注文した。 本当は60インチのクアトロンプロがよかったのだが、予算がなく断念した。
これくらい大きい画面だと設置が難しい。壁に設置するのが理想的だがある程度制限を受け、移動もできなくなる。そこで壁寄せスタンドを探すことにした。調べてみると、数万円〜と結構高い。やはり自作かと3日間ほど考え込んだ。ちょうどジャンクで購入した端材もあったので、それを利用して作ることにした。
9_23_3
足りない材料はホームセンターで購入。1000円ほどだ。これは取り付け壁になる部分。
これを加工して壁を作る。単にビスで持たせるとなると強度が心配なので、手間なのだが面倒くさい加工を施した。

9_23_5
これで荷重をうまく柱に逃がす。

9_23_4
手前が端材。一枚200円にて購入。
これらを組み上げて、壁寄せスタンドを作る。壁のところのホワイトウッドがちょっと見栄えが悪いので、1000円で有孔パネルを買ってきて釘で貼り付けた。
2時間ほどの苦闘の上、完成。
9_23_2
まずまずのでき。全体のヤスリがけと塗装も考えたが、疲れたのでやめた。

アップで見ると、
9_23_1
結構隙間がある。ノコギリでは限界、縦引きのノコがなくて大変だった。有孔パネルは下側だけに貼り付け、上側はテレビに隠れるので取り付けなかった。ケーブル類はこの裏にまとめて固定する予定。足の幅は60cmあるので、この間にフロントスピーカーを設置だ。パッと見た目は悪くない。突貫工事の割にはよくできた。やはりいい工作道具が欲しいと思った。

明日にテレビが届く予定。取り付け金具もアマゾンで最安(2000円弱)のものを購入し、明日に届く。仕事はまだ夏休みを取ってなかったのでお休みにする予定。

楽しみだ。