FPGAチューナーで気になっていたのが、120Hz付近のノイズ。耳を澄ましてもあまり聞こえないのだが、スペアナでみてみるとしっかりとピークが出てくる。

それがこの写真。NHKの時報で無音になるところのスペクトル。
ac
 最初はアンテナ絡みかと思ったが、ケーブルの時もFMアンテナに変えてからも変わらず出ている。普通は電源周波数の倍数なのでハムと考えるのが妥当なのだろう。
確かに、トランス電源と基盤をギリギリに詰めたケーシングをしているのでノイズを拾ってもおかしくない。試しに手元にあったACアダプタに変えてスペアナを見てみた。

同じくNHKの時報。
dc
ノイズが一気に下がった。問題は電源だったようだ。さてケースを大きくするか、そのままACアダプタに変更するか。

ついでにプリアンプのリレー用電源のことが頭に思いついた。
IMG_0195
写真のようにリレーの電源はACアダプタを利用している。これだとやはりハムが出ていて、基板のGNDを電源のGNDと接続する必要があった。
ちょうど電源基板が余っていたので、この機会に交換した。
IMG_0196

 なんかすっきりした。ハムも出ないし、なんとなくSNも向上したようだ。

とりあえず、今日で少しノイズ対策が進んだようだ。