年に数回だが、中古レコード店合同のレコードセールがある。毎回足を運んでいるが、今年も時間があったので行ってみた。
 5_16_lp2
1時間程度見て回り、何枚か買ってみた。ただオークションのように刻印情報等が詳しく記載されていないものが多く、あまり手をださないようにした。
買ったのは下記の4枚。
5_16_lp
プレステージのOJC盤を2枚、ブロンディのUS盤、トレーシー・チャップマンである。最近OJC盤が見直されているのか、以前数百円で変えた盤も千円以上の価格がついている。20年ほど前は、新品でも千円でおつりがきたものだ。購入した盤も千円台だが、割ときれいでノイズも少なかった。ブロンディのLPはAUTOAMERICANで、例のラップを取り入れたラプチャーが入っている。型番からするとオリジナルに近いが、何番めのプレスかは不明。トレーシー・チャップマンのものは珍しい盤で、旧東ドイツ製である。レーベルはAMIGAで、ジャケットはペラペラ、歌詞カードなどはない。音は悪くないが、一度オリジナル盤と比較してみたい気持ちになった。

いつも思うが、東京の人は幸せ。やはり中古流通量が多く、価格も安い。こんな時は地方は損だ・・・と思う。