自作ウェイトを利用するために、針圧スケールが必要になった。シュアーのものが安価なので購入を考えたが、たまたま手元にクッキングスケールがあるのでそれを利用することにした。
しかし、スケールの上にカートリッジを載せると、マグネットのせいかガチンと引き寄せられ、ウェイトもちゃんと測定できないことがわかった。
いろいろ調べてみると、スケールの横によけるように針を載せる場所をつけているものが多い。
 4_28_4
早速100均でアルミ板を購入、カッターで切り取って真似をしてみた。
4_29_2
 スケールで重さをはかったねじとかを置いてみると同じ値がでた。まあこんなものであろう。

早速針圧を測定。
4_29_1
 なんとなく良い感じ。

4_29_3

早速、先日横浜で購入した、サイモンとガーファンクルのオリジナル盤を試聴。
盤の傷はしかたないが、良い音が流れる。

これが壊れたら、ちゃんとしたものを買おうと思う。