MOSFET12_29
無事音出しができるようになったMOSFETアンプだが、大分こなれてきたようだ。最近はずっとこれをメインに据えている。フォーカス、定位が優れている。特にアナログ音源の再生がよく、浮かぶような感じで音場が広がる。
終段のFETだが、デバイスに触っても熱はなく、ヒートシンクがほのかに暖かい程度である。アイドリングは100mA程度にしているが、もう少し上げてもいいのかもしれない。

このアンプには製作者が貼った「MOSFET POWER AMP」というテプラがついていたが、せっかくなので電流帰還アンプであることを示すものに貼り換えた。
本当はケースを変えたいところだが、そうするとコスト的に合わなくなるのでやめておこう。