nightfly


ドナルド・フェイゲンのThe Nightflyを手に入れた。Masterdisk刻印、SLM刻印、RL手書き刻印ありである。ジャケットは珍しい二色刷りのタイトル。当時初めて登場したデジタル録音システム、3Mの16bit/50kHzというのを使って録音しているらしい。
落札価格は1000円とリーズナブル。早速試聴する(ヘッドフォンで)。

音がきれいでCDのようにきつくない。また定位がいいというのか、音がいいと言えばいいのかコーラスの声がいっぱい聞こえてくる。これまでこのようなイメージはなかった。
休みにスピーカで鳴らしてみようと思う。

追記)
早速だが、スピーカーで鳴らしてみた。音数が多く、分離が良いというのが第一印象。SACDとも比較。例えばI.G.Y.では、音質は似ているがコーラス部分の分離感がアナログ盤のほうが圧倒的。綺麗に分かれて、エコーー感がある。もともとジャケットが気に入って手に入れたが、また愛聴盤が一枚増えた。